最近はUV加工した衣服が大人気になっています。

OLさんは、通勤用のシャツもUV加工したものを選んだり、とにかく衣服へのUV加工品がどんどんと増えています。

シャツの他にも、トレンカやストッキングなど、紫外線を浴びそうなものには、よくUV加工がされています。

実際に売り場で商品を選んでいると、女性はついついUV加工っていう言葉につられて、商品を選んでしまっている人が多いと思いました。

やはり紫外線対策でUV加工を選ぶのは、すごく重要だと思います。

わずかではありますが、やはり服も紫外線を浴びているので、ボディに影響が出てくると思います。

特に足などは、出ている部分が多いので、出来るだけUV加工の方が安心感があります。

また、UV加工のスプレーが売っているので、そういうのを振りかけて対策をするのも良いと思います。

私はいつもUV加工の商品を選んでしまいますが、実際にはその効果が良くわかりません。

しかし、少しでもUV対策になっていれば良いと思います。

食べ物でも紫外線対策ができる

紫外線対策といえば、帽子、日傘、日焼け止めなど、外からの対策を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし、日常の食事を工夫することで、身体の内側からも紫外線対策が可能となっています。

例えば、日焼けによるシミは、紫外線を浴び、体内で活性酸素が発生することが原因となっています。そのため、活性酸素を抑制することができれば、シミを予防することができます。

どのような栄養素を摂取すればよいのか?

活性酸素を予防するにはビタミンCとビタミンEが有効です。ビタミンCは、シミの原因となるメラニン色素を抑制する成分として知られています。ビタミンCは、みかん、いちご、レモン、キウイなどの果物類、ブロッコリーやカリフラワーなどの緑黄色野菜に豊富に含まれています。

そのため、普段から野菜や果物を積極的に食べるようにし、紫外線予防につとめましょう。

それから、ビタミンEは、活性酸素を減らす作用を持つ「グルタチオン」を増加させます。

ビタミンEを摂取することで、活性酸素から身体を保護することができます。ビタミンEは、ごま、かぼちゃ、アーモンド、うなぎに豊富に含まれています。

もし、日常の食事でビタミンCやビタミンEを十分に摂取することが難しいのであれば、サプリメントを活用すると良いでしょう。

食べ物でも紫外線対策ができる

紫外線対策といえば、帽子、日傘、日焼け止めなど、外からの対策を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし、日常の食事を工夫することで、身体の内側からも紫外線対策が可能となっています。

例えば、日焼けによるシミは、紫外線を浴び、体内で活性酸素が発生することが原因となっています。そのため、活性酸素を抑制することができれば、シミを予防することができます。

どのような栄養素を摂取すればよいのか?

活性酸素を予防するにはビタミンCとビタミンEが有効です。ビタミンCは、シミの原因となるメラニン色素を抑制する成分として知られています。ビタミンCは、みかん、いちご、レモン、キウイなどの果物類、ブロッコリーやカリフラワーなどの緑黄色野菜に豊富に含まれています。

そのため、普段から野菜や果物を積極的に食べるようにし、紫外線予防につとめましょう。

それから、ビタミンEは、活性酸素を減らす作用を持つ「グルタチオン」を増加させます。

ビタミンEを摂取することで、活性酸素から身体を保護することができます。ビタミンEは、ごま、かぼちゃ、アーモンド、うなぎに豊富に含まれています。

もし、日常の食事でビタミンCやビタミンEを十分に摂取することが難しいのであれば、サプリメントを活用すると良いでしょう。