紫外線の影響で目もダメージを受けると知っていますか。

肌よりも髪よりも、目の方が無防備に何も対策をしていない人が多いと思います。

みんな腕や足などは、洋服や日焼クリームを塗ってきちんと対策をしている人が多いですよね。

でも、目は日焼け止めクリームを塗ることもできないですし、あまり気にしていない人が多いせいか、あんまり紫外線対策をしていないと思いました。

紫外線によって目がダメージを受けると、やはり目が疲れやすくなってしまうので、点眼薬などで目を労わってあげるのが良いです。

特にコンタクトレンズをしている人は、普段から目の負担がすごく大きいので、出来るだけ紫外線のダメージを減らしたいものです。

紫外線対策としては、サングラスをするのが一番効果的です。

でも、サングラスが苦手という人は、つばの長い帽子をかぶるのもお勧めです。

つばの短い帽子だと、目の部分に日陰ができにくくなってしまうので、出来るだけつばの長い帽子を選ぶようにしましょう。

紫外線を浴びた肌は、一時的に火傷状態になってしまうので、お風呂に入ったりすると、痛くなってしまいますよね。

日焼けをした後、すぐに美白化粧水などを塗るの実は刺激が強いのでNGと言われています。

火傷した肌に確かに美白化粧水って、ちょっと刺激が強いイメージがありますよね。

日焼した肌には、アロエやヘチマなどがクールダウンには良いといわれています。

刺激が少ないので、日焼け状の肌にも優しく使用できるのが魅力ですね。

でも、紫外線を出来るだけ浴びないように、やはり日焼け止めクリームとUV加工の洋服で防御するのがおススメです。

私も夏はよくUV加工というのを見ると、ついつい購入してしまいます。

紫外線を浴びた肌が元の色に戻るまでは時間が相当かかるので、出来るだけ焼かないように服で調整しましょう。

なんとか人前に出れる体型になって本当に助かりました。

でも、そろそろ秋になってくるので、またリバウンドしてしまうかも(^_^;)